Home : Contact

ちょっとびっくり...........マフラー

基本的に、セーターほか衣料品に刺繍をする時は既製品を使うことが多いのですが、今回は面白い、そして是非作りたいデザインを思い付いたので、「一点豪華主義」の精神で、マフラーも手編みしました。

2010年1月

 

マフラーをする時、首はしっかりガードしたいけど、胸元はスッキリさせたい.......ってこと、ないですか? 右のマフラー、前に垂れる部分を短くし、ネックウォーマーっぽくしました。並太の柔らかい毛糸でゴム編みしているので、 折り曲げて好きな幅にしたり、垂れる部分を巻き込んだりも出来ます。大きなボタンがアクセントになってます。

でも、見てほしいのは後ろ姿。

 

「冬のパリ、石畳の坂道を下りてくる猫」

幻想的に、薄〜いブルーグレイで刺繍しました。もう少し写真が良く撮れるといいのですが、素人には、これが精一杯です。アップの写真でフワフワ感が判っていただけるといいのですが........
マフラーは、数種類の模様編みを交互に編みこんでいます。石畳をイメージして。

もちろん、前姿に猫をもってきてもOKです。でも、背中に視線を感じると、背筋もピンと伸びて、颯爽と歩ける気がしません?

マフラー(黒) ウール100%(puppy毛糸使用)

そして、上のマフラーと同じ発想で、全く趣の違うのも作りました。
ネック部分は、やや極太のしっかりした毛糸でゴム編みをしていますので、暖かさは抜群です。後ろは色を変え、木は編み込みで、猫だけ刺繍です。何をジッと見つめているのでしょうか?
ボタンは小さいのを2つ。ピッタリの色、質感のボタンを探し出してくれたドログリー(パリ発の手芸材料専門店)のお姉さんにも感謝です。

 

もしイタリアに住んでいたら.......
マルシェで買い物中に、この後ろ姿が勝手に集客してしまって、お店の人、喜ぶかも..............それに気を良くして、もしかしたら、おまけを沢山くれるかも.............なんて、テレビで旅番組を見ながら、想像してしまいました。

マフラー(オレンジ) ウール100%(ヨーロッパ産毛糸使用)

Home : Contact